旅の想い出

M240 / Noctilux f1.0

自分用の土産はほとんど買わない。
でも写真は撮る。
特にデジタルだと撮りすぎるくらい撮ってしまう。
その大量の写真達を見返しているだけで、当分は旅先の空気に浸っていられる。
多分僕にとっては旅の記憶こそが最高の土産で、
写真はそれを鮮明に思い出すために必要な道具のようなもの。
例えば、記憶の中を自由に行き来するための、どこでもドアみたいなものだ。
では人が撮った写真はどうだろう?
もしもその写真が素晴らしいものならば、僕は記憶の代わりに想像力の中を自由に行き来するだろう。

©︎All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です