rain with X2

X2

今までも絵がごちゃごちゃしがちだったのに、画角が広がって35mmになるとますます画面の中が整理できない。
などと一人ぶつぶつ言っていると、奥さんには「まず机の上を片付けるべし!」と言われる始末(笑)。
特に横位置だとトリミングの量が増える。
この写真なんて、初めから50mmで良かったと思うほど。
今の所、僕にとっての35mmの楽しみはもっぱら縦位置の時に感じるもののようだ。

©︎All rights reserved.

Rain, Tokyo

X2

X2は時々やっぱり良いよなぁと思わせてくれる。
派手なボケではないけどISOを上げられるデジタルならf2.8は思ったより使える。画角にしても35mmのズマロンが気になっている今の自分にとっては
このカメラが面白いのは当たり前なのだ。
もっともこの写真は少しトリミングしているし、撮っている時も50mmの方が撮りやすいなぁと感じながらだった。
35mmは面白くてもまだ使いこなせない。
かと言って40mmだとまた違う。
そんなことも含めて、やっとレンズの面白さを感じられるようになってきたのかもなぁ。

©︎All rights reserved.

Summaron 35mm f3.5 + film

M5 / Summaron 35mm f3.5

なんとなくズマロンを諦めきれず
二週間前に撮ったネガを引っ張り出してみる。
フィルムで撮ることはあっても未だ暗室を知らない。
だから暗室の代わりにLightroomでできることをしてみる。
カスミを除去して、トーンカーブで整えて…
Lightroomでできても暗室でできない調整だとしたら、あまり気が進まない。
暗室での作業ってどれくらい写真を変えられるのだろうか。

さてズマロン、どうしよう。
いつか他の35mmと出会った時に判断すれば良いのかな。
やはり球面ズミルックスを試してみたい。
それまでは手元に置いておこうか。

©︎All rights reserved.






Summaron 35mm f3.5 + film

M5 / Summaron 35mm f3.5

とても普通に写るズマロン。
どうやって自分らしさを出すのかなぁ。
自分には合わないのかもしれないと思い始めていたのに
今日、大好きな写真がズマロンf2.8で撮られたことを知ってしまった。
さて、どうしよう。

©︎All rights reserved.