篠山紀信展 写真力

横浜美術館
横浜美術館

生き写しなんて使い古された言葉しか浮かばないのは恐縮だが、被写体の方々が本当にそこに居るように感じる写真だった。
篠山紀信さんの写真の凄さはまず、日本人の大人なら必ずと言っていいほど、見たことのある写真が何枚かはそこにあることだ。それほどまでに篠山紀信さんの写真が多くの場面で使われてきたということになるのだが、その理由が昨日個展を拝見して少しわかった。

強く印象が残っている写真についていくつか記しておく。
まずGODというくくりで展示されていた展示で、今は亡くなられている方の写真に出会った。まさに出会うという感じ。寅さんこと渥美清さんと大原麗子さんと夏目雅子さんには実際にお会いしたような余韻が確実に残っている。きっとレンズの前に彼らが佇んでいた時のまま、その場の空気まで永久保存してしまったんだ。篠山紀信さんの写真はどれもそんな印象だった。

著名人以外の写真も一部あった。東北の震災直後の方々を撮影した演出なしのポートレイト。その中の一枚に強く惹かれた。若いカップルが強い意志を感じさせる眼差しでこちらを見ていた。負けないぞと言う覚悟が見ている僕にまで届く。目には見えない強い心の内まで写し伝える写真。今もあの目が忘れられない。
空気まで写すと言われるレンズがあるけど、心まで写せるとしたらそれは写真家の力だと思う。今更だけど篠山紀信さん恐るべしである。

横浜美術館「篠山紀信展 写真力」2月28日(火)まで

 

shopwindow / ショーウインドウ

ショーウインドウ
ショーウインドウ
ぶる下げられた透明の球のようなオブジェを撮りたかっただけなのだが、後方にあるガウンの描写の柔らかさに驚いた。ノクチルックス(noctilux f1.0)を使っているのだと実感する描写だ。

The gown placed behind is depicted with a soft depiction. It is a depiction unique to this lens. I love Noctilux f1.0.

強い光の中でもノクチ

street portrait
street portrait

Street portrait in Tokyo
Thank you for giving me a nice smile!

簡単に声をかけることができる時もあれば、どうも一歩を踏み出せない時もある。
この日はどちらかといえば、勇気が足りない日。
そんな中、一組だけ声をかけることができた。
優しく笑顔をで写真を撮らせてくれたオーストラリアからのお二人に感謝。

今は何でもノクチルックス(noctilux f1.0)で撮ろうと練習中で、
この日のように天気が良く、しかも太陽が高い時間に日向で撮ることの難しさを実感。
やはりフードが必要かとか、絞らないといけないのかとか、基本的な課題も再確認。
一期一会のストリートフォトでは設定に戸惑っていると素敵な笑顔を逃す可能性もあるし。

でもこんな小さなピンチの数々を乗り越えて、このレンズをものにしなければ!

現行ズミルックス50mmの安定した性能の高さをしみじみ感じる日だった。

窓から

CAFE de la PRESSEの窓より
CAFE de la PRESSEの窓より
横浜は知っているようで知らない。いつもは中華街と元町方面と赤レンガくらい。少し古い町並みを求めて関内から海岸通方面を歩いた。東京よりは引いてとっても絵になる町並みが沢山ある印象を持った。また改めて横浜は撮りに行こう。
たくさん歩いた後、ちょっと撮り足りない気分と疲れもあって、フランスの町並みをイメージしたカフェと書かれていたCAFE de la PRESSEさんにお邪魔してみた。お店の方に窓からの景色を撮る許可をいただき、夜の寒さで次第に曇っていくガラス窓からの景色をのんびり撮りながら、カフェクレームをいただく。美味しい!
窓からの景色を見て、店内も素敵だがこの景色もまた異国にいるようで素敵だと強く思う。最近はこのように曇ってくれない窓ガラスが多い気がするので何枚もシャッターを切った。曇ったガラスは大好きだ。

blur and bokeh / ぶれぶれのぼけぼけ

night street
night street
When shooting with Noctilux f1.0, a blur is also soft.

ノクチルックス(noctilux f1.0)にしてはf1.4までやや絞り、シャッター速度を落として、ブレを楽しんでみた。ピントは距離計をたよりにノーファインダー。ノクチルックスはぶれまで柔らかいと感じるの僕だけだろうか。これは好きだ。ちょっときっかけになりそうな1枚。

ノクチルックスf1.0

bicycle
bicycle

この自転車に乗ったら空を飛べそう…などと感じてしまうノクチルックス(noctilux f1.0)の描写。自転車が少し浮いているように見える。
モノクロでもある程度はノクチのマジックのような描写は楽しめそう。
ただやはり僕が撮っているというより、ノクチが勝手にやってくれている感じが少しある。

Bokeh by summicron 1st, summitar, noctilux f1.0

summicron 50mm 1st
summicron 50mm 1st
summitar 50mm
summitar 50mm

noctilux f1.0
noctilux f1.0
気づけばライカのオールドレンズを、しかも50mmばかり3種類も使っている。ただ誤解のないように先に書けば、現行品も素晴らしい。僕はsummilux 50mmを使っているけど、よく写るだけでなく、開放でも肝心のピントの部分の締まりが良いことは描写の個性になっているし、芸術性の高い写真もきっと撮れると思う。
それはそれとして、オールドレンズの写りも好きなのだ。憧れの写真家たちが使っていたかもしれないものと同じレンズで写真を撮れる楽しさもあるし、ちょっとレトロな味を出したい時にも重宝するし。

というわけでライカの同じ50mmを3本(初代ズミクロン沈胴、ズミタール、ノクチルックスf1.0)で撮った写真を並べてみた。撮った時期はそれぞれ2016年冬、2016年夏、2017年冬と違うし、場所も光の条件も違うので、比較というほどのものではない。でも僕のワンパターンな撮り方(手前のものにピント、後ろの人をぼかす)のおかげで、それぞれのボケ具合を比べられるかもしれない。どれも開放で撮っている。

現行品の輪郭をあまり残さない穏やかなボケに比べて、人の姿がカクカクしていて面白い。本当はもう少し上手にぼかせばこんな風にはならないのかもしれないけど。

bokeh

night street in Yokohama
night street in Yokohama

ノクチルックス(noctilux f1.0)との時間は、まだほとんどがボケ具合を確認するための写真に費やされる。ピントを合わせるのが難しいのはよく分かっているけど、ストリートフォトの場合、もともとそんなにピントをシビアには考えていないから。これくらい派手にぼかすと、やはりオールドレンズだなぁと感じる。最近はこういうぼかし方はしていなかったけど、一年前ほど前にオールドズミクロンを使っていた頃によくやっていたのを思い出す。これはこれで好きなボケ方だし、f1.0まで開けるのでISOは400までしか上げていないのも嬉しい。M240の場合、ISOはもっと上げて大丈夫とよく書かれているけど、個人的には800くらいまでが好きだし、使っても1250までだ。
同じ開放でも前回のカラー写真とはまるで違う印象。今の所はカラーの方がノクチのマジックが起きやすい気はしているが、モノクロが主体の僕としてはもっとモノクロで力を引き出せるようにならなくては。
間違いなく好きなレンズだけど、本当のくせや力はまだまだ分からない。