SIGMA fp + Leica Hektor 73mm ②

SIGMA fp / Hektor 73mm f1.9

fpは電子シャッターしか搭載していないので動く被写体は得意でないとのことでした。でも風で揺れる秋桜くらいなら大丈夫みたいですね。この時はフレームから飛び出すくらいには風で揺れていました。動く被写体ってどの程度激しく動くものなのだろう。

ヘクトールのこの淡い感じが好きです。雨と雨の合間のちょっと暗めのお昼時。ヘクトールはこんな天気も合います。レンズをメンテに出したらここら辺の印象も微妙に変わるのだろうなぁ。やはりメンテはしばらくやめておきますか。

©︎All rights reserved.

SIGMA fp + Leica Hektor 73mm

SIGMA fp / Hektor 73mm f1.9

fpをお借りしました!この数ヶ月、ずっと触ってみたかったので嬉しくて早速お散歩。レンズはfpが来たら真っ先に試したかったヘクトール73mmです。僕のヘクトールはピントが少々甘いので、メンテナンスに出そうかとも思っているのですが、一眼カメラがあればピントは問題なしですね。そしてピントだけでなく実はfpと一緒にヘリコイド付きのマウントアダプターもお貸しくださったので、最短距離の悩みも解決。この写真は比較的ピント面まで距離がありますが、最短1.5mmだったヘクトール73mmが寄れることで突然万能な感じになってびっくりです。
さて肝心のfpの写りはどうなのかということについては、しばらく色々撮りながら感じていこうと思います。今日使った印象では、m240で撮る時と変わらないような、なんとなく違うような…。試しにこの写真はm240で撮った時によくする行程で仕上げてみました。Silver efex proを使って仕上げる限りは違和感ないかなぁと思います。

©︎All rights reserved.

ISOとノイズ

m240 / Hektor 73mm f1.9 / 1/45, f4.0, ISO3200

Summicron 90mm を試していたら、Hektor 73mmと描写を比べたくなってきた。そこで今日は、2つのンズを取っ替え引っ替えしながら撮っていこうと思ったのだけど、結局のところ1度Hektorを着けたらもう戻す気が無くなってしまった。やはりHektorのしっとりして滲んだ感じや存在感のあるボケは特に好きなのだ。
ところで、これほど暗い時はいつもなら当然開放で撮るのだけれど、背景の形を残したくなってついf4.0まで絞った。そのためISOを3200まで上げる羽目になった。ブログ用の小さいサイズなら良いけど、A3サイズあたりのプリントだとおそらくノイズが気になって使えなそうだ。今となってはm240も少し前の機種なので、あまり高感度での使用はお勧めできないようだ。いつもなら上げてもISO2000くらいまでしか使わないので、気にしていなかったのだけど。つい最近のブログで高感度は自分には必要ないみたいなことを書いたばかりなのに。思い込みはいけないなぁ、反省。

©︎All rights reserved.