曲線美

M240 / Noctilux 50mm f1.0

綺麗なカーブを描くプラットホームが印象的なパディントン駅。旅の初日で興奮していた僕はそんなことを冷静に考えていたわけではなく、ただ撮りたいと感じるままにシャッターを切っていました。後から思えば、魅力的なデザインがそこにあるから撮りたくなるのですね。2018年のロンドン滞在中、この駅に来るたび、同じような写真をたくさん撮ってしまった理由も今なら納得です。

©︎All rights reserved.

ぐるぐると滲み

M240 / Noctilux 50mm f1.0

ノクチはあまりぐるぐるボケのレンズという印象はないのですが、やはりこうなります。それともう少し大きなサイズの写真でないと伝わりにくいのですが、ハイライトの部分が少し滲んだようになります。現行ノクチがどうかは知らないのですが、僕のf1.0はそれが心地よい味付けになってます。この写真も、元のデータをMacの大きな画面で見ると、その滲みが感じられてちょっと好きなのです。白飛びぎりぎりのところが良い感じなので、M240よりもダイナミックレンジが広いカメラやフィルムカメラで撮れば、あるいはその魅力がさらに活かされるのかもしれません。もっとレンズとちゃんと向き合わないと勿体無いですね。

©︎All rights reserved.