夜の自転車 / Bicycle at night

Bicycle at night
Bicycle at night

まずは、車輪が二つあるその形が好き。
それに主人を待ち続ける姿には切なささえ感じる。
ペットのように血が通っているわけではないし、
AIみたいにしゃべるわけでもない。
でも、僕はなぜか自転車を見ると感情移入してしまう。
気づけば自転車の写真ばかりだ。

© All rights reserved.

日々いそがしいけど

tokyo street photography
tokyo street photography

なんだかとっても忙しい。
でも、そんな中にも幸せ感はある。
家族全員が病気でもなく、互いに忙しい!疲れた!などと言いながらも、一緒にテレビを見て笑う時間もある。
ずっと後に振り返ったら、あの頃が一番幸せだったかもね、何て言っていそうな気がするくらいだ。
個人的には個展の準備と、元々のお仕事で大忙し。
ますます後から振り返ったら、幸せな時間に違いない。

そして僕の幸せは、そのことに今気づいていることだ。

さて、写真は今回も個展のセレクトから漏れたけど、お気に入りだった1枚。
この2年ほどで、いったい何枚の写真を撮ったのだろう。
そんな時間が持てるのもまた、幸せなことなのだ。

© All rights reserved.

Be myself

rain and a man
rain and a man

個展で使う写真と順番がようやく今週決まった。
そうしてみると選から漏れた写真がよく見えたりする。(例えば、この写真も今回はセレクトから外れたものだ。)
自分としては自分のセレクトで良いと思っているのだが、人からどう見られるかを気にしてしまうのだろう。

ところで最近、Facebookで声をかけてくれて友人になったフォトグラファーがいる。まだ彼のことはよく知らないのだけど、ある時、僕がベストを尽くすよと言ったら、彼がこんなことを言った。

To become a better photographer everyday
Do not try to be the best
Be yourself

なんだか心にしみた。
まず自分自身であることが大切なのだ。媚びてもどうにもならない。

© All rights reserved.