強い光の中でもノクチ

street portrait
street portrait

Street portrait in Tokyo
Thank you for giving me a nice smile!

簡単に声をかけることができる時もあれば、どうも一歩を踏み出せない時もある。
この日はどちらかといえば、勇気が足りない日。
そんな中、一組だけ声をかけることができた。
優しく笑顔をで写真を撮らせてくれたオーストラリアからのお二人に感謝。

今は何でもノクチルックス(noctilux f1.0)で撮ろうと練習中で、
この日のように天気が良く、しかも太陽が高い時間に日向で撮ることの難しさを実感。
やはりフードが必要かとか、絞らないといけないのかとか、基本的な課題も再確認。
一期一会のストリートフォトでは設定に戸惑っていると素敵な笑顔を逃す可能性もあるし。

でもこんな小さなピンチの数々を乗り越えて、このレンズをものにしなければ!

現行ズミルックス50mmの安定した性能の高さをしみじみ感じる日だった。

窓から

CAFE de la PRESSEの窓より
CAFE de la PRESSEの窓より
横浜は知っているようで知らない。いつもは中華街と元町方面と赤レンガくらい。少し古い町並みを求めて関内から海岸通方面を歩いた。東京よりは引いてとっても絵になる町並みが沢山ある印象を持った。また改めて横浜は撮りに行こう。
たくさん歩いた後、ちょっと撮り足りない気分と疲れもあって、フランスの町並みをイメージしたカフェと書かれていたCAFE de la PRESSEさんにお邪魔してみた。お店の方に窓からの景色を撮る許可をいただき、夜の寒さで次第に曇っていくガラス窓からの景色をのんびり撮りながら、カフェクレームをいただく。美味しい!
窓からの景色を見て、店内も素敵だがこの景色もまた異国にいるようで素敵だと強く思う。最近はこのように曇ってくれない窓ガラスが多い気がするので何枚もシャッターを切った。曇ったガラスは大好きだ。

blur and bokeh / ぶれぶれのぼけぼけ

night street
night street
When shooting with Noctilux f1.0, a blur is also soft.

ノクチルックス(noctilux f1.0)にしてはf1.4までやや絞り、シャッター速度を落として、ブレを楽しんでみた。ピントは距離計をたよりにノーファインダー。ノクチルックスはぶれまで柔らかいと感じるの僕だけだろうか。これは好きだ。ちょっときっかけになりそうな1枚。