winter sky

winter sky
winter sky

光が印象的でない写真はつまらない写真になってしまうことが多い。
雨でも降ってくれた方が面白いのにと思うこともあるくらいだ。
この写真はどうだろう。
いっそズミルックス(summilux)をお休みさせて、ズマロン(summaron)みたいなレンズで絞り気味に撮った方が良いのかもしれない。

© All rights reserved

wall

wall
wall

ノクチ(noctilux)の描写をズミルックス(summilux)に求めても仕方のないことなのだけど、そんなことを期待したくなるくらい最近の僕のズミルックスはどこか良い感じなのだ。レンズもイヤホンなどのようにエイジングを経て、良い仕事をするようになったりするのだろうか。

© All rights reserved

京都にて

京都の朝
京都の朝

11月後半、朝の京都の街を歩いた。
東京を撮る時と何か変えるべきかとも考えたけど、いつもと同じように撮る。
それでも東京とはだいぶ違う写真になる。京都という土地が持つ力なのか。ヨーロッパを撮った後で感じた東京の風景に対する違和感のようなものが浮かぶ。
自分は写真で何を表現したいのだろうという自問自答に対する答えが少し見えた気がした。

© All rights reserved