summilux, noctilux, 7artisans

summilux 50mm f1.4, f1.4
noctilux 50mm f1.0, f1.4
7artisans 50mm f1.1. f1.4

手持ちなのでアングルなど完全に同じとはいかず、比べるのは意味ないかもしれませんが、やはりそれぞれに個性があるように思います。絞りf1.4で揃えてます。
ノクチはオールドのf1.0でズミルックスと7artisansは現行品です。
撮っていて扱いやすかったのはズミルックス。
撮っていて楽しかったのはノクチルックス。
撮った瞬間に良いかも!と思ったのは7artisans。
でも後から冷静に見ると、自分の感覚が当てにならないということが分かりました(笑)。

©︎All rights reserved.

heatstroke, London / 朦朧と彷徨う

M240 / 7 artisans 50mm f1.1

今年の夏に訪れたロンドンはとても暑く
この写真の時も熱中症で朦朧としながら歩いていました
休めば良いのですが
せっかくの海外と思うと…
貧乏性にも困ったものです
それで結局悪化させてしまったのですから

この写真は個人的には熱中症の朦朧としたイメージです(笑)

©︎All rights reserved.

Tower Bridge, London

M240 / 7 artisans 50mm f1.1

このレンズはソフトフォーカスレンズとまでは言わないけれど、使い方によっては光がふわふわして面白い描写をすることがある。初めはそれが好きになれなかったけど、だんだん面白くなってきた。
暗い時にだけ個性を発揮するレンズだと思っていたけど、もっと使いこなしてあげればいろんな魅力があるのかもしれない。

©︎All rights reserved.

Southwark Cathedra|, London

M240 / 7 artisans 50mm f1.1

少しだけ絞って背景の輪郭を残すのも上手なレンズという印象。
ただ気になっているのは、絵がツルンとした感じでどこか物足りない時がある。
そういう時は現像の際に粒状性を加えたくなる。
むしろフィルムで撮ったら面白いレンズなのかもしれないとふと思う。
ピント調整の問題はあるけど、近々試してみたい。

©︎All rights reserved.

7 artisans 50mm f1.1

M240 / 7 artisans 50mm f1.1

f1.1のレンズだからつい暗いところで使いたくなる。
教会のように少し暗い中に大切なものが置かれているような場所では力を試される。この教会では日を変えてノクチルックスでも撮影したけど、このレンズも頑張ってくれたと思う。まだこのレンズに不慣れなこともあって、旅の途中からノクチばかりになってしまったが、もう少し使ってあげてもよかったかなぁ、と今は思う。

©︎All rights reserved.