古〜い写真 2015

M240 / Summicron 50mm 1st 沈胴

訳あって写真の整理中。
とっくの昔に旅立ったSummicron 50mm 1stの写真を見ていたら、今更ながら描写が好きだなぁと少し後悔中。

M240を手にした2015年は、何でもかんでもマニュアル設定にして、ISOも一枚一枚選んでた頃。この写真はもうかなり暗い時間帯なのに何故かISO200で撮ったものだから、RAWデータはほぼ真っ暗。Camera Rawで露光量を+3ほども上げているからノイズがひどい。でも水面で丸ボケが重なるあたりの描写が好みなのだ。(ここにアップした小さな写真ではわからないですが)丸ボケの薄い黄色と水面に映った木々の緑と水の青が、水彩絵の具を重ねた時のように少し滲みながらもそれぞれの輪郭と色を残している感じが、絵本の挿絵画を思い出させる。
今は手元にないレンズなので、もう一度この感じを味わうことはできない。そう思うと余計にため息が出る。

僕が出会った頃は、3万円程度で買えるオールドライカの入門編みたいな感じすらあったSummicron 50mmの沈胴タイプ。今ではすっかり高価になった。ようやくレンズの実力に見合う価格になったということなのかもしれない。お持ちの方はどうぞ大切にされますように。
僕もまたいつか縁があれば、その描写を味わってみたい。

©︎All rights reserved.

バックアップ

M240 / Summicron 50mm 1st

ようやくハードディスクにたまった写真データのバックアップを始めた。
ハードディスクを増やすことも考えたけど、ここは思い切って面倒臭そうだけどクラウドを使う道を選んだ。クラウドでの写真バックアップサービスは結構種類があるようで僕が求める条件に合うものは少ない。結局Amazon Photosを選んだ。理由はどのファイル形式でも写真データに関しては無制限にバックアップできることと、もともとアマゾンプライムを利用していて、追加料金がかからないことだ。

ライカMを使い始めたのはちょうど5年前。そこから撮り続けた莫大な枚数の写真を思うと気が遠くなりそうだけど、なんとか丸ごとバックアップしておきたい。さて、上手くいきますかどうか…

©︎All rights reserved.

Summicron

M240 / Summicron 50mm f2.0 1st

このレンズばかり使っていた頃は僕の中でちょっとした逆光ブームでした。
今日はその頃を思い出して、同じようなことを。ちょっと楽しい。
なんだかレンズに意地悪な撮り方ばかりしていたように思います。

©︎All rights reserved.