winter morning

winter morning
冬の朝

フィルムを選ぶこと
スキャニングすること

どれもまだ試行錯誤で自分が正しい方向に向かっているかもわからない

今の時点ではデジタルで撮った方がずっと綺麗な写真になる

でもフィルムは手間が多いぶんだけ楽しめる場面も多いから
まだチャレンジは続けてみよう

©︎All rights reserved.

 

フィルムスキャナ使ってみました。/ film scanner

フィルムスキャナーで
フィルムスキャナーで

細かいことはこれから勉強ですが
まずはちゃんと動いた!というレベルで嬉しい。

すごく楽しいので、ますますフィルムを使いたくなりそうです。

これまではデジタルで撮ったものをフィルムの雰囲気に、と思っていたので
いざフィルムで撮ったものをデジタルにしたところ、何をどう仕上げて良いかわからず…

しばらくは綺麗にスキャンすることに集中です。

©︎All rights reserved.

フィルムの方がちょっと切ない?

Tri-X 400
フィルムの方がちょっと切ない?

写真は撮った瞬間から過去になります
当たり前のことですが

でもその当たり前のことが
すごく切ないのです

フィルムで撮ると
その切なさが
少しだけ増しているような気がします

フィルムカメラ=切なさ増しカメラ
なのかなぁ

M5/Kodak Tri-X 400

©︎All rights reserved.

フィルム生活再開 / FILM CAMERA

オーバーホール後のM5で撮った最初の写真たちを今日受け取りました。
まだ自分では現像できないので
自由が丘のポパイカメラさんにお願いして
フィルムを現像してデータにしてもらいました。

オーバーホール後1本目のフィルムはTRI-X 400。
露出計は治っているけど、まだまだ思うような画が撮れる訳ではなく改めて難しさを実感。
フィルムで上手に撮っている方は本当に上手なんだなぁ。

アーヴィングプレイス
irving place

写真は
白金台のカフェ アーヴィング プレイスのテラスでの1枚。
このフィルムだったら、もっと光が弱い方が良かったかも知れないけれど
手前から奥に向かってボケていく窓ガラスと瓶の雰囲気はなかなか良い感じ。
1本目にこの写真があって良かったなぁ。
地味かもしれないけど忘れられない1枚になりました。

さて
今回、今までデジタルでは何気なくできていたことが
フィルムでは上手くいかないことも沢山経験しました。

デジタルの時はコントラストを弱めたかったけど
フィルムでは逆のケースが多いのは予想以上でした。

明暗差が大きいところでの撮影はほとんど上手くいかなくて
今まで以上に光を選ぶ必要があると感じました。

今回はKODAKのTRI-X 400とFUJIのACROSS 100の2種類(3本ずつ)を使ったのだけど
光によってフィルム選びは大切だと改めて思い知らされることに。
カラーも含め、今後じっくり相性の良いフィルムを探さなくては!

そもそもフィルムを入れたら使い切るまでISO感度を変えられないというのが
どれほど大変なことか!デジタルって便利なのだ!!

ところで絞ると良く写る!ってのもびっくりでした(笑)
明暗差がきつい場面では特に効果が大きくて感心しました。絞るって凄い!
開放で上手に撮れる道を探るにしても、勉強になるなぁ。

などなどフィルム写真ライフはまだまだ冒険のようなもの。
ワクワクもあるけど、リスクも多そう。

精進します!

©︎All rights reserved.

夜もフィルム

雨と椅子
雨と椅子

暗い時間の撮影が多いので夜がどんな風に撮れるかは楽しみでした
雨に濡れた感じも好きな感じだし、
光がぼやんと広がる感じも悪くないです

ますます楽しいフィルムカメラ
そのうちデジタルとどちらで撮るか場面ごとに迷う日が来そうです

©︎All rights reserved.

フィルム生活は発見ばかり!

film life
film life

少し前にデジタルのM(240)で撮ったのと同じ場所をフィルムのM5で撮った写真が上がってきました。

フィルムもなかなか。
いや、むしろこっちの方が格好良い気さえします。

フィルムカメラの場合、使うフィルムで写りが全然違うのにも驚きます。

ちなみにこれはFUJIのACROS 100。
出したいニュアンスみたいなのが勝手に出ていて嬉しい誤算でした。
このフィルムは相性良いかもなぁ。

発見の連続のフィルム生活です。

©︎ All rights reserved.

フィルム生活 モノクロ

ILFORD XP2 400
ILFORD XP2 400

M5に初めてモノクロフィルムを入れた。
ILFORD XP2 400。

露出に悩みつつ、工夫しつつ、
おっかなびっくりシャッターを切る。

デジタルならパシパシ撮って、
モニターで確認&即微調整。

それにひきかえ、
途中でISO感度もモノクロとカラーの変更もできないなんて。

デジタルの自由さに今更ながら感謝しつつ
でも、何だか楽しいフィルム生活。

作品レベルにはまだまだだけど、
ハマりそうです。

©︎All rights reserved.

フィルム生活スタート

film
film

中古の フィルムカメラを買いました。
残念ながら内臓の露出計はちょっとあてになりません。
でも、それは想定済みなのです。
これからは少しずつ露出計なしでの撮影も身に付けなくちゃ。

今のところ、
露出どころか色も何もかもどうやってコントロールするのか分かりません。
いきなり写真ビギナーに戻ってしまったのが、また楽しいのです。

きっととっても下手な写真なのですが、
記念すべき1本目のフィルムの中にあった1枚。
現像したフィルムをお店でjpegにしてもらいました。

いつかはフィルムスキャナーとかで自分で取り込むのかなぁ。
そもそもjpegでなく、rawにはできないのかなぁ。

最終的にデジタルなのかフィルムなのか分かりませんが、
フィルムを勉強したら、プリントの仕上がりが変わるのではと期待しています。

今は写っているだけで嬉しいのが自分を甘やかしそうで困りますが(笑)