Mark de Paola トークショー

Mark de Polaさんサイン
Mark de Polaトークショー

ライカギャラリー東京で行われたマーク・デ・パオラ(Mark de Paola)さんの写真展「60 Seconds」及びトークショーにお邪魔した。
トークショーというよりはワークショップに近い内容で、彼の写真に対するアプローチの仕方が多く語られ、明日から僕の写真が変わってしまうほど刺激的だった。

アウトフォーカス部分、焦点の合っていない部分にこそ、エモーショナルな表現があるのではないか。というような話があったのだが、これはとても共感できる話だった。見てくれる人の視線をどこに誘導するのか、ということを考えた時にピントをどこに置くか迷うことが多いのだけど、ピントがきていない部分に表現したいものがあることが多い僕としては勇気付けられる話だった。
見ているものをただ撮るのでなく、いかに作品にしていくか…という真面目な話であると同時に、やはり自分の好きに撮るべきという話でもあり、良い話を聞けたトークショーだった。

ただ今日ほど、英語ができればと思ったことはなかった。
同時通訳の方は素晴らしかったけど、やはり彼の言葉をダイレクトに理解したかった。

トークショー後、勇気をだしてサインをいただいた。
お話に対する感謝や彼の写真をすぐに大好きになったことなど、伝えたいことが山ほどあるのに、緊張でほとんど話せず…
写真を楽しむにも、英語は必要だと思い知らされた。

© All rights reserved

ズミルックス

月のはなれ
月のはなれ

最近になってやっとズミルックス(Summilux)の面白さが分かってきたように思う。
ノクチ(Noctilux)のような強烈な個性のあるボケは出ないにしても、どこかノクチにも似た雰囲気を感じる時があるのだ。
ノクチの開放付近で撮られた写真を見ると、時々、空間が微妙に歪められているように感じることがある。
多分これは僕個人の感想なのだけど。その歪みが、目に見えないはずの空気までもボケさせているような印象を受けて、すごく個性的な写真に見える、気がすることがある。
そん感覚に近いものを最近ズミルックスでも感じられることがある。
もっともこれは本当に僕個人の感覚なので、言葉の表現は実際の描写とは当てはまらないかもしれないけど。

この写真をPCのモニターで見たときも少しそんな感じを受けた。
ようやくレンズの個性を少しは感じられるようになってきたということか。
ズミルックスを使い始めて9ヶ月程。まだまだ奥があるレンズみたいだ。

© All rights reserved

月のはなれ

 

月のはなれ
月のはなれの中庭。

妻は写真は撮らないけど、すてきな場所を見つけてきては教えてくれる。
僕なんかよりずっとフットワークも良いし、センスも良い。
ここも妻に誘われるまま訪れたお店だ。

月のはなれ…いい名前だなとまず思った。
どんなお店なんだろうと行く前から想像力が刺激される。
そこは決して和風ではないのに、見事にこの名前と合う場所だった。

東京銀座にある「月のはなれ」。
コーヒーが飲めるからカフェなのか。食事もできるし、音楽も聴ける。
カテゴリーはどうでもよいのだろう。
僕にとってはオススメだけどオススメしたくない、隠れ家のような場所だ。

© All rights reserved

個展の日程決定

1stzine2-4

初の個展の日程が2017年6月30日から7月13日に決まった。場所は新宿にあるエプサイト。初の個展としては贅沢すぎるギャラリー。まだ半年の準備期間があるので、できること全てをやって臨みたい。
作品の選択、ステートメント、額装、レイアウト、DM作りetc. やることが山のようにあるけど、どれも楽しみなことばかりだ。何かをゼロから作り上げることの楽しさ、自分を表現する場があることの喜びを、存分に味わい尽くそうと思う。

改めて応援してくれている家族やお世話になった方への感謝の気持ちが湧いてくる。
見てくださる方に少しでも喜んでいただける工夫が何かできると良いと思う。もちろん写真そのものの質が一番だろうけど。
まずは、写真の撮り足しをしながらゆっくり考えよう。

© All rights reserved

The First of a Million Shots

1stzine2-1

今年、手にしたsummilux 50mm ASPHでのファーストショット。
もうそれからかなりの枚数シャッターを切ってきたが、これが1枚目で良かった。
撮った時のシチュエーションもはっきりと覚えている。
ただその後、こういう光を1度も捕まえられていない気もする。
最初は丁寧に仕事するのだが、だんだん雑になるのは僕の悪いところだ。
さて、2017年に初の個展をすることが決まった。
僕にとっては個展そのものがチャレンジなのに、思いのほか大きな会場での個展となる。個展準備の記録をしながら、本番に向けて考えをまとめるためにも、少し落ち着いたテンションのブログを書こうと思う。
そのうち調子にのって軽い調子になっていくとは思うが。
© All rights reserved.