冬の光をSUMMILUXで撮ると / Taking the light of winter with SUMMILUX

今日はNOCTILUXはM5につけていたので、
M240にはSUMMILUX 50mm ASPHを。

数枚撮った時点で、カラーの発色の良さに、やはり現代のレンズは凄いなあといきなり思わされました。
そして、モノクロにしても美しい!
冬の光をきちんと捉えてくれます。

NOCTILUXでf1.0やf1.2で撮るところをf1.4にして、撮り方は基本同じ。
でも、どこかモダンな感じがするのは気のせいでしょうか。

良いレンズだなぁ。

それでもちょっと優等生な感じといいますか、
どこか物足りなく感じるのも事実でして…

贅沢な話ですが。

さて NOCTILUXで撮っているフィルムの方はちゃんと撮れているのかなぁ。

street photography
street photography

©︎All rights reserved.

フィルム VS デジタル

fim
film
digital
digital

フィルムは引き続きILFORD XP2 400。
レンズはフィルムがNoctilux f1.0、デジタルがSummilux ASPH。
ISO400、シャッタースピードは1/60、絞りはf1.4はどちらも同じ。

まだまだこれから両者の違いを理解していかないといけないけど、相当違うことは間違いない。

©︎All rights reserved.

フィルム

最新の機材にあまり気が向かない
スペック的にはもう満足しているのです
あとは自分の腕だろう!と思うのです

その反面、
むしろ触ったことのないフィルムの世界が気になって仕方ありません

デジタル or フィルム

最後にどちらで撮っているかは分からないけど
このままフィルムを知らずに年をとってしまうのは残念な気がします

せっかくライカのレンンズ持っているし、
それを活かせるライカのフィルムカメラが欲しい!けど
そこはライカ

久しぶりに中古屋さん巡りの旅が始まりそう

無事終了

個展最終日の夜
個展最終日の夜

子どもの頃みたいに、
明日が楽しみで楽しみで
今日より明日が楽しみで

そんな時間はいつ以来だったろう
ずっと居たかったなぁ…

でもそこにはもう他の方の夢が並んでいます

ちょっと寂しいけど
逆に背中を押してもらったようでもあります

またこんな気持ちを味わいたいから、

歩けば見つかると信じて、

「次も楽しみにしてます!」
そう言ってくださった方々とまた会えるように、

さあ、レンズと一緒に光を探しに行ってきます!

追伸
最高の場所と環境を与えてくださったエプサイトとスタッフの皆さん
最高の音楽、
最高の光、
それを作ってくれた皆さん、
訪れてくださった皆さん、
遠くで応援していてくれた皆さん、
僕に写真を教えてくださった先生方、
写真に写ってくれた全ての場所と人!
ライカ!

どうもありがとうございました!
(感謝については順不同で)

家族への感謝は後でこっそり伝えるとしましょう(笑)

※写真は個展最終日の自由が丘。

©︎All rights reserved.

本日の在廊予定

個展9日目 7月10日(月)は
10:30 – 18:00在廊しております。

今回の個展では写真はもちろんのこと、MD Jacque制作の音楽CDも販売中です。(CDは通販のご案内をさせていただきます) 音楽が気になった方は受付でお気軽にお尋ねください!

写真展も残り4日です。最後までどうぞよろしくお願いします。

モニターの色

家のインターネット環境の設定をいじる必要から妻のノートPCで自分のブログを見て驚いた。
えっ!色が全然違う。

僕はモノクーム写真を仕上げる時に少しセピアよりにしているのだけど(そのつもりだったのだけど)、妻のノートPCで見られる僕の写真はどこか冷黒調なのだ。
試しの他の方のブログなどを見てもやはりそうだった。
自分はmac環境でモニターはiiyamaさん。高価なモニターは使っていないし、キャリブレーションもよく分からなくてはやっていない。でもiPhoneでの写真の見え方と比べたり、プリントしたものも見ているので、環境で色が違うことは理解しているつもりだったし、ある程度の差が出るのは覚悟していた…はずだった。

これはいずれ手を打たないといけなくなってきた。